産経WEST

兵庫・姫路のJR山陽線踏切で快速電車と車が衝突 60代男性が死亡、9000人に影響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


兵庫・姫路のJR山陽線踏切で快速電車と車が衝突 60代男性が死亡、9000人に影響

 7日午後8時20分ごろ、兵庫県姫路市飾磨区山崎のJR山陽線英賀保(あがほ)-はりま勝原間の踏切で、米原発網干行き快速電車と乗用車が衝突した。車を運転していた60代の男性が全身を強く打ち、病院に運ばれたが死亡した。乗客約200人にけがはなかった。

 兵庫県警飾磨署によると、現場の踏切には遮断機と警報機があるが、車は遮断機が下りた状態の踏切内に侵入したという。

 JR西日本によると、同線は姫路-相生間で約2時間50分運転を見合わせ、約9千人に影響した。

「産経WEST」のランキング