産経WEST

【警察署8500万円盗難】内部犯行“濃厚”も…「身内」への捜査、長期化の様相 広島中央署事件、発覚1カ月

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【警察署8500万円盗難】
内部犯行“濃厚”も…「身内」への捜査、長期化の様相 広島中央署事件、発覚1カ月

証拠品の現金8572万円が盗まれた広島中央署。事件発覚から1カ月が経過した=7日、広島市中区 証拠品の現金8572万円が盗まれた広島中央署。事件発覚から1カ月が経過した=7日、広島市中区

前のニュース

 広島県警広島中央署(広島市中区)が金庫に保管していた証拠品の現金8572万円が盗まれた事件は、8日で発覚から1カ月。県警は内部犯行の疑いが強いとみて署員ら100人以上から聴取を続けているが、いまだ解決に至っていない。捜査対象に「身内」が多いことが長期化の様相を呈している一因だ。県警は「早期に解決して被害回復を図りたい」と容疑者の特定を急いでいる。

捜査員80人態勢 会計課関係者らから聴取

 現金は2月、生前贈与を持ち掛ける詐欺事件の捜索先から押収した。本来は捜査を担当した生活安全課で保管するはずだったが、多額のため会計課の金庫で保管していた。

 盗難は大型連休明けの5月8日に発覚。捜査関係者によると、金庫の鍵を入れた机の引き出しが壊されていた。会計課長は2日に異常がなかったと説明しており、県警は大型連休中後半に盗まれたとみているが、明確に犯行時期を絞り込めてはいない。

 発覚後、県警は窃盗事件を担当する捜査3課を中心に約80人態勢で捜査。会計課員や生活安全課の捜査員など警察関係者らから聴取を続けている。周辺の防犯カメラの精査も継続しているが、犯人に結びつく有力な証拠や証言は得られていない。

「県民の信頼損なっている」

 これまでの捜査では、外部から侵入された形跡は確認されていない。犯人は、会計課の金庫に多額の現金があったことを知る警察内部の人物の可能性が高いとみられる。

続きを読む

警察署8500万円盗難のニュース

警察署8500万円盗難の写真

  • 【警察署8500万円盗難】警察署の防犯カメラ増設へ 広島県警が再発防止策、現在は28署のうち17署
  • 【警察署8500万円盗難】内部犯行“濃厚”も…「身内」への捜査、長期化の様相 広島中央署事件、発覚1カ月
  • 【警察署8500万円盗難】広島中央署会計課に防犯カメラ設置なし
  • 【警察署8500万円盗難】県警本部長が事件経緯説明、広島県議会の委員会で
  • 二重の鍵も突破 広島中央署内の8500万円盗難 内部犯行か
  • 【警察署8500万円盗難】金庫の鍵、犯行後保管場所の引き出しに返却 内部犯行説…発覚遅らせる目的か
  • 【警察署内8500万円盗難】大型連休中に犯行か 直前まで異常なく…内部事情に精通
  • 【警察署内8500万円盗難】金庫の鍵保管の引き出し壊される 在りか知る人物は限定
  • 【警察署内8500万円盗難】ダイヤル式と差し込み式の「二重施錠」金庫で保管、〝暗証番号〟知る人物は限定
  • 警察署内の8500万円盗難、金庫鍵保管の引き出し壊され…内部犯行の見方強まる 広島
  • 8500万円盗難、警察内部の犯行か 広島県警会計課 一般の出入り難しく

「産経WEST」のランキング