産経WEST

サカナクションのライブ、電子チケット転売目的詐欺で全国初立件 6千万円売り上げか、容疑で43男逮捕 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


サカナクションのライブ、電子チケット転売目的詐欺で全国初立件 6千万円売り上げか、容疑で43男逮捕 兵庫県警

 人気ロックバンド「サカナクション」のコンサートの電子チケットを転売目的でだまし取ったとして、兵庫県警サイバー犯罪対策課などは7日、詐欺容疑で、和歌山市の無職、小西正敏容疑者(43)を逮捕、送検したと発表した。

 インターネットを利用したチケットの高額転売は近年、社会問題化しており、スマートフォンなどの端末に登録された情報をもとに入場できる電子チケットの導入が進んでいる。サカナクションのメンバーの山口一郎さんも、高額転売の是正を訴えて会合に参加するなどしている。

 県警によると、電子チケットの高額転売をめぐり、同容疑での立件は全国で初めて。県警は小西容疑者が平成26年以降、約6千万円を売り上げたとみて調べている。

 逮捕、送検容疑は昨年9月下旬、サカナクションのファンサイトを通じて電子チケットの先行抽選販売を申し込み、転売目的で2枚(計約1万4千円)を詐取したとしている。「売り上げは生活費に使った」と容疑を認めている。

 チケット販売会社の社員が、ネット上で通常の約5倍の値段で転売されていたチケットを落札。コンサート当日、チケットが登録されたスマホを貸与しにきた小西容疑者を直接注意したところ、逃走したため県警に相談した。小西容疑者はスマホを渡す代わりに運転免許証を預かるなどと持ちかけていたという。

「産経WEST」のランキング