産経WEST

薩摩藩伏見屋敷の絵図発見 「寺田屋事件」龍馬搬送の手がかりに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


薩摩藩伏見屋敷の絵図発見 「寺田屋事件」龍馬搬送の手がかりに

発見された「薩摩藩伏見屋敷」の絵図(城南宮提供) 発見された「薩摩藩伏見屋敷」の絵図(城南宮提供)

 坂本龍馬が寺田屋事件の後に運び込まれたことで知られる薩摩藩の伏見屋敷(京都市伏見区)の絵図が初めて見つかったと、京都市伏見区の神社「城南宮」が3日発表した。龍馬の時代より80年前に作成されたものだが、この間、屋敷の焼失などは確認されておらず、専門家は「龍馬の命が助かった歴史的舞台の絵図。龍馬が治療された部屋などを調べる手がかりになり得る」としている。

 見つかったのは「伏見御屋鋪惣繪図(おやしきそうえず)」(縦約1メートル、横約1・3メートル)で、城南宮の鳥羽重宏宮司(52)が市内の古書店で購入した。天明6(1786)年に描かれたとみられ、「御玄関」や留守居役が駐在する「御仮屋守(おかりやもり)居所」など屋敷内の間取りが詳細に描かれている。

 伏見屋敷の建設時期は不明だが、江戸時代には参勤交代での薩摩藩の宿所として使用され、第13代将軍・徳川家定の正室・篤姫も宿泊したとされる。

 一方、龍馬は慶応2(1866)年、船宿「寺田屋」で幕府側の襲撃を受け、約1キロ先の伏見屋敷に運び込まれて約1週間滞在して治療を受けたという。伏見屋敷は同4年の鳥羽・伏見の戦いで焼失した。

 絵図を調査した京都国立博物館の宮川禎一上席研究員は「龍馬がどの入り口から運び込まれ、どの部屋で治療を受けていたのかなどを調べる大きな手がかりになる」と話した。

 絵図は、4日から城南宮神苑内のギャラリーで展示される。

このニュースの写真

  • 薩摩藩伏見屋敷の絵図発見 「寺田屋事件」龍馬搬送の手がかりに

「産経WEST」のランキング