産経WEST

保護したひなは順調に生育 兵庫県立コウノトリの郷公園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


保護したひなは順調に生育 兵庫県立コウノトリの郷公園

島根県雲南市から保護したコウノトリのひな 島根県雲南市から保護したコウノトリのひな

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は、島根県雲南市で雌の親鳥が誤射により死んだために保護したコウノトリのひな4羽の成育状況を発表した。

 4羽は5月21日に移送された。郷公園によると、いずれも健康で、3キロ程度になっており、「1羽が1日約1キロのドジョウを食べている。食欲旺盛でスクスクと育っている」という。

 放鳥は雲南市で行う予定。野外なら7月上旬が巣立ちとなるが、郷公園は「人工飼育になったので諸条件を検討して時期を決めたい」としている。

「産経WEST」のランキング