産経WEST

長期審理で431人辞退 連続青酸事件の裁判員選任 京都地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


長期審理で431人辞退 連続青酸事件の裁判員選任 京都地裁

 青酸化合物を使った連続殺人事件で男性計4人への殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判が26日に始まるのを前に、裁判員選任手続きが2日、京都地裁(中川綾子裁判長)であり、補充裁判員6人を含む計12人が選ばれた。長期審理になることも影響し431人が辞退した。

 公判は計48回を予定。初公判から判決日の11月7日までの実審理期間は135日間に及び、九頭竜湖女性殺害事件(名古屋地裁)の160日間に次ぐ過去2番目の長さになるとみられる。

 地裁は586人に呼び出し状を送付し、413人が事前に辞退を認められた。2日は86人が出席し、18人が「重要な仕事」などを理由に辞退、抽選の対象になったのは68人だった。地裁は辞退者が相次ぐことを見越し、過去最多となる候補者920人を選定していた。

 千佐子被告は平成26年11月に夫の勇夫さん=死亡当時(75)=の殺人容疑で逮捕され、交際相手ら男性計4人に対する殺人、強盗殺人未遂の罪で起訴された。

「産経WEST」のランキング