産経WEST

単身寮の同僚部屋に忍び込み盗 大阪府警、20歳巡査を書類送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


単身寮の同僚部屋に忍び込み盗 大阪府警、20歳巡査を書類送検

 大阪府警は31日、居住する単身寮で同僚の部屋から現金や腕時計などを盗んだとして、窃盗などの容疑で、高槻署地域課の男性巡査(20)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査は同日、依願退職した。

 府警監察室によると、巡査は昨年1月、大阪市内にある府警の単身寮に入居。同7~10月、無施錠だった同僚13人の部屋に忍び込み、現金計18万円や腕時計、ゲーム機など21点を盗んだ。盗んだ品は売却しており、「ブランド物の服を買ったり、飲食費に使った。無計画に金を使っていた」と話したという。

 すでに被害弁済したが、府警はこのうち、被害届が出されていた20代と30代の同僚3人の部屋から現金やサングラス、腕時計など4点(時価計約6万2千円相当)を盗んだとする容疑で書類送検した。

 宮田雅博監察室長は「警察官としてあるまじき行為で厳正に処分した」とコメントした。

「産経WEST」のランキング