産経WEST

【田淵幸一物語・第4部(2)】またしても「真夜中」のトレード発表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【田淵幸一物語・第4部(2)】
またしても「真夜中」のトレード発表

江川と小林の交換トレード成立を発表する阪神・小津球団社長(左)と巨人・長谷川球団代表 江川と小林の交換トレード成立を発表する阪神・小津球団社長(左)と巨人・長谷川球団代表

 委員会は騒然。わずか1日で180度方向転換した発言に、委員たちも開いた口がふさがらない。そんな中、かつて「名将」といわれた日本ハムの三原脩球団社長が異議を唱えた。

 「せっかく昨日、立派な裁定を下されたのですから、トレードの期間も協約通り、開幕以降にしたらいかがですか。協約を破れは、この場は決着がついても、あとで世間の非難を受けることになるのではないですか」

 「泥はオレ一人がかぶるからいい」

 憮然(ぶぜん)とした顔で答えた金子コミッショナーに、三原は食い下がった。

 「泥をかぶるのは球界全体です!」

 結局、コミッショナーの「強い要望」で江川騒動は決着へと向かった。

 27日、あれほど頑(かたく)なだった巨人が、江川との契約を白紙撤回。明けて昭和54年1月31日に阪神が江川と契約を交わし、巨人は空路キャンプ地宮崎に向かう途中だった小林を羽田空港で“拉致”。そして2月1日と日付が変わった午前零時15分、東京・大手町の読売新聞東京本社8階の会議室で「江川と小林」両投手のトレードが発表された。

 田淵のトレード通告に続きまたしても“真夜中の発表”となったのである。(敬称略)(田所龍一)

次のニュース

田淵幸一物語のニュース

このニュースの写真

  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督

「産経WEST」のランキング