産経WEST

女性の車底部に磁石付GPS取り付け ストーカー疑いで会社役員を逮捕、スマホで位置情報探る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


女性の車底部に磁石付GPS取り付け ストーカー疑いで会社役員を逮捕、スマホで位置情報探る

 奈良県警桜井署は30日、女性の車に衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付けて位置情報を探すつきまとい行為をしたとして、ストーカー規制法違反の疑いで、同県桜井市忍阪13の9、会社役員狭間繁信容疑者(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は、一方的に好意を抱いた桜井市の知人女性(45)の軽乗用車の底部にGPS端末を取り付け、4月14~21日、スマートフォンで19回にわたって位置情報を探り、所在を見張った疑い。

 桜井署によると、端末は磁石付きの黒色のプラスチックケースに入り、後輪タイヤ近くに装着されていた。狭間容疑者は「交際関係を探ろうとした」と端末を付けたことを認める一方で「好意が高じてやったわけではない」と話している。オイル交換をした際に端末が見つかり、女性が4月22日に同署に相談した。

 同署は狭間容疑者が端末を付けた時期や使用履歴などについて調べる。女性の居場所を確認し、近づくなどしていなかったかどうかも捜査する。

「産経WEST」のランキング