産経WEST

広電展示の「ドルトムント電車」が引っ越し 本社前からイオンモールに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


広電展示の「ドルトムント電車」が引っ越し 本社前からイオンモールに

移設される広島電鉄本社前の「トランヴェール・エクスプレス」=広島市中区 移設される広島電鉄本社前の「トランヴェール・エクスプレス」=広島市中区

 広島電鉄の本社(広島市中区東千田町)前に展示していた旧西ドイツ・ドルトムント市の電車「トランヴェール・エクスプレス」が来春、佐伯区の大型開発地内に開店予定のイオンモールの商業施設に移設されることになり、28日、本社前で移設セレモニーが開かれた。イオンモールは、譲渡された電車の展示を検討している。

 トランヴェールは昭和34(1959)年製で、ドルトムント市を実際に走行していた電車を広島電鉄が購入。「ドルトムント電車」として57年~平成20(2008)年に営業運行し、市民に親しまれていた。

 24年に電車開業100周年記念でデザインを一新。トランヴェール・エクスプレスとして本社前の商業施設「マダムジョイ千田店」前に移設されていた。

 広島電鉄が手掛ける大型開発地「西風新都グリーンフォートそらの」内にイオンモールが商業施設を出店するのに伴い、今回の譲渡を決めた。

 セレモニーで広島電鉄の椋田昌夫社長は「大事にしてきた電車の“お嫁入り”を迎え、担当者一同、非常にうれしい気持ち。移設後の新都が、すばらしい街になるように頑張りたい」と述べ、イオンモールの三嶋章男・常務取締役営業本部長は「来春オープン予定の店は工事も順調に進んでおり、譲渡していただいた電車は大事にしていきたい」と話した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング