産経WEST

【衝撃事件の核心】〝山口組三国志〟抗争のカオス 「神戸は名古屋以下」結成直後の異例会見で不満ぶちまけた「任侠団体山口組」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
〝山口組三国志〟抗争のカオス 「神戸は名古屋以下」結成直後の異例会見で不満ぶちまけた「任侠団体山口組」

指定暴力団山口組が分裂して神戸山口組が結成されてから約1年8カ月。4月30日、神戸山口組から一部の直系組長らが離脱し、新組織「任侠団体山口組」の立ち上げを宣言した。警察当局は〝3つの山口組〟の動向に警戒を強めている 指定暴力団山口組が分裂して神戸山口組が結成されてから約1年8カ月。4月30日、神戸山口組から一部の直系組長らが離脱し、新組織「任侠団体山口組」の立ち上げを宣言した。警察当局は〝3つの山口組〟の動向に警戒を強めている

 「われわれが真の山口組を作り上げることをお伝えします」。平成27年8月末に指定暴力団山口組が分裂し、同神戸山口組が結成されてから約1年8カ月。今度は神戸山口組から一部の直系組長(直参)らが離脱し、4月30日、新組織「任侠(にんきょう)団体山口組」の立ち上げを宣言した。新組織の幹部らは異例の記者会見を開き、神戸山口組執行部の組織運営を「山口組以下の悪政」と批判。山口組が全国規模の暴力団へと成長を遂げた3代目組長時代への〝原点回帰〟を訴えた。新組織結成は神戸山口組の内部対立がきっかけとの見方が強いが、暴力団対策法の規制を逃れるための偽装離脱と見る向きもある。離脱組長らの狙いは何なのか。警察当局は乱立する〝3つの山口組〟の動向を注視している。

「顔見ればカネ」と酷評

 4月30日午後5時ごろ、兵庫県尼崎市の神戸山口組直系「古川組」の本部事務所3階の大広間。新組織の幹部ら7人は、スーツの上着の襟元に山口組や神戸山口組と同じ「山菱」の代紋をあしらったバッジをつけ、記者会見に臨んだ。

 その約1時間前。新組織結成を取材しようと集まった報道陣に、新組織側が突然「会見を開く」と伝えてきた。そして質疑応答をしないことを条件に、テレビ各社を除く約20人の記者やカメラマンを古美術品や獅子の置物などが飾られた大広間へと案内した。

 幹部らは会見の冒頭、神戸山口組結成の背景には、山口組内部で篠田建市(通称・司忍)6代目組長(75)の出身母体である「弘道会」(名古屋市中村区)による支配が強まったことへの反発があったと指摘。「このままでは山口組が自滅の道をたどるとして立ち上がった神戸山口組だが、現実は(弘道会が支配する)名古屋方式にも劣る悪政だった」として、組織を率いる井上邦雄組長(68)への不満をぶちまけ始めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 〝山口組三国志〟抗争のカオス 「神戸は名古屋以下」結成直後の異例会見で不満ぶちまけた「任侠団体山口組」
  • 〝山口組三国志〟抗争のカオス 「神戸は名古屋以下」結成直後の異例会見で不満ぶちまけた「任侠団体山口組」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング