産経WEST

【プロ野球】阪神、投打に精彩欠き2位に転落

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神、投打に精彩欠き2位に転落

【プロ野球阪神対DeNA】 2回、阪神・大和が適時二塁打を放つ =甲子園球場 【プロ野球阪神対DeNA】 2回、阪神・大和が適時二塁打を放つ =甲子園球場

 阪神は28日、本拠地の甲子園球場でDeNAと対戦。二回に先制の1点をあげたが、直後の三回に6点を奪われ、2-6で2位に転落した。

 重ねた残塁は10。好機を何度もフイにした拙攻に、阪神の金本監督は「主軸がチャンスで打たないと、やっぱり。そうそうチャンスがないことを肝に銘じないと」と落胆を隠せなかった。

 前日に豪快な本塁打を放った中谷がプロ初の4番に座ったが、5点を追う五回1死二、三塁で捕邪飛に倒れると、続く原口も二ゴロ。中谷は七回に左犠飛で1点を返すのがやっとだった。

 先発の小野も制球の乱れから自滅した。三回に連続四球でピンチを招くと、高めに浮いたフォークを戸柱に仕留められて3ランを浴びるなど一挙6失点。2度目の先発も、課題の残る登板となった新人右腕は「連続四球がすべて。修正していきたい」と必死に前を向いた。

 9点差をひっくり返す大逆転で広島を下した今月6日から首位を快走していたが、チームは2位に転落。指揮官は「(順位は)まったく関係ない」と語り、30日から始まる交流戦に向け気持ちを切り替えた。(岡野祐己)

このニュースの写真

  • 阪神、投打に精彩欠き2位に転落
  • 阪神、投打に精彩欠き2位に転落

「産経WEST」のランキング