産経WEST

新幹線座席の書類に火、80歳男逮捕…乗客消火し非常ブザー、運転取りやめ JR岡山駅

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新幹線座席の書類に火、80歳男逮捕…乗客消火し非常ブザー、運転取りやめ JR岡山駅

 26日午前11時すぎ、JR岡山駅に向かっていた新大阪発鹿児島中央行きの山陽新幹線みずほ615号(8両編成)の車内で、男がライターで座席の上の書類に火を付け、座席の一部が焦げた。岡山県警は現住建造物等放火未遂の疑いで、男を岡山駅到着後に現行犯逮捕した。615号には約350人が乗車していたが、乗客にけが人はなかった。

■あの“新幹線で焼身自殺”悪夢が…

 県警によると、男は、自称神戸市の渡辺保弘容疑者(80)で容疑を認めている。渡辺容疑者は先頭車両1号車の窓際の席で、岡山駅に停車する直前に火を付けた。乗り合わせた乗客が水をかけて火を消した。岡山駅に停車後、非常ブザーのボタンを押したという。

 JR西日本によると、みずほ615号は運転を取りやめた。乗客は岡山駅で降り、後続の列車に乗り換えた。後続の新幹線7本が最大19分遅れるなど、約4600人に影響が出た。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新幹線座席の書類に火、80歳男逮捕…乗客消火し非常ブザー、運転取りやめ JR岡山駅

「産経WEST」のランキング