産経WEST

【ボクシング】不可解判定負けの村田諒太、再戦命令 ジャッジ2人を資格停止処分…WBA会長明言

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ボクシング】
不可解判定負けの村田諒太、再戦命令 ジャッジ2人を資格停止処分…WBA会長明言

判定負けがわかった瞬間、驚いたような表情を見せた村田諒太(手前)。奥でガッツポーズする新王者のアッサン・エンダム(荒木孝雄撮影) 判定負けがわかった瞬間、驚いたような表情を見せた村田諒太(手前)。奥でガッツポーズする新王者のアッサン・エンダム(荒木孝雄撮影)

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦でロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手(31)=帝拳=が不可解な判定でアッサン・エンダム選手(33)=フランス=に敗れた問題で、WBAのヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長は25日に開いた記者会見で両者の再戦を命じた。WBA公式サイトが伝えた。統括団体トップによるこうした指示は異例。

 村田選手の負けと採点したグスタボ・パディージャ(パナマ)とヒューバート・アール(カナダ)のジャッジ両氏は6カ月の資格停止処分とした。

 20日に行われた試合の判定は1人が117-110で村田選手、残る2人は116-111、115-112とエンダム選手を支持と大きく割れた。

 この結果にWBA会長が自らの採点では7点差で村田選手の勝ちだったとして不満を訴え、村田陣営に謝罪を表明。日本ボクシングコミッション(JBC)は再検証を求めて抗議する文書をWBA会長へ提出した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 不可解判定負けの村田諒太、再戦命令 ジャッジ2人を資格停止処分…WBA会長明言

「産経WEST」のランキング