産経WEST

ネット闇カジノ経営者ら3人逮捕、摘発逃れで予備店を用意 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ネット闇カジノ経営者ら3人逮捕、摘発逃れで予備店を用意 大阪府警

 インターネットを利用した闇カジノ店で客に賭博をさせたとして、大阪府警生活安全特別捜査隊は25日、常習賭博容疑で、大阪市中央区東心斎橋のネットカジノ店「シティーオブドリーム」を摘発し、経営者の上田勤史容疑者(51)=同区東平=と従業員の韓国籍の男ら2人を逮捕したと発表した。

 府警によると、同区宗右衛門町のビル内にも予備の店舗を用意し、摘発を逃れるため数カ月ごとに営業店を替えていた。上田容疑者は「当初はネットカフェだったが、売り上げが上がらないので手っ取り早く稼ぐため賭博店にした」などと話しているという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング