産経WEST

「運休」対応の駅員にタブレット投げつけ、75歳男を逮捕…緊急停止、乗客1時間20分缶詰 京都市営地下鉄

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「運休」対応の駅員にタブレット投げつけ、75歳男を逮捕…緊急停止、乗客1時間20分缶詰 京都市営地下鉄

 停電で24日夜に運転を見合わせた京都市営地下鉄の駅員にタブレット端末を投げつけて負傷させたとして、京都府警東山署は同日、傷害容疑で大津市松山町の無職男(75)を現行犯逮捕した。「電車の遅延や駅員の対応に腹を立てた」と供述する一方、「故意にやったわけではない」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は24日午後9時5分ごろ、地下鉄東西線三条京阪駅(同市東山区)の改札口で、駅案内用のタブレット端末を市交通局の男性職員(42)に投げつけ、額を切るけがをさせたとしている。男は当時、飲酒して帰宅中だった。

 同署や交通局によると、東西線は同日午後8時10分ごろに東山-山科間で停電が発生し、全線で約2時間運転を見合わせた。男は停電に伴う振り替え輸送について同駅員に尋ねようと改札口を訪れたが、対応に腹を立てたとみられる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング