産経WEST

【逃亡45年・中核派活動家逮捕】アジト風呂場で水溶性の秘密文書処分か 他人名義の身分証も見つかる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【逃亡45年・中核派活動家逮捕】
アジト風呂場で水溶性の秘密文書処分か 他人名義の身分証も見つかる

大坂正明容疑者とみられる男が潜伏していた広島市内のマンション=23日 大坂正明容疑者とみられる男が潜伏していた広島市内のマンション=23日

 昭和46年の渋谷暴動事件で指名手配された中核派の活動家、大坂正明容疑者(67)とみられる男を大阪府警が公務執行妨害の疑いで逮捕した事件で、広島市内のマンションにあるアジトを家宅捜索した際、男が風呂場付近で水溶性の書類を処分しようとしたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

 府警は、中核派の活動に関する資料の証拠隠滅を図ったとみて捜査。男は黙秘を続けており、府警は押収資料を分析し、これまでの潜伏状況や足取りを調べる。

 また、男の健康状態には問題がなく、18日の捜索で身柄を確保したときは元気な様子だったことも判明した。

 捜査関係者によると、指名手配した警視庁公安部が平成24年、東京都内の中核派アジトを摘発した際、大坂容疑者が病院を受診する予定が記された暗号文書が見つかっており、健康面に問題があるとみられていた。

 今回のマンションの一室では他人名義の身分証が見つかっており、府警は大坂容疑者とみられる男が通院などに使用していないか確認を進める。

続きを読む

このニュースの写真

  • アジト風呂場で水溶性の秘密文書処分か 他人名義の身分証も見つかる
  • アジト風呂場で水溶性の秘密文書処分か 他人名義の身分証も見つかる

「産経WEST」のランキング