産経WEST

【プロ野球】5四死球の藤浪、四回途中で見切り 金本監督「暴れすぎ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
5四死球の藤浪、四回途中で見切り 金本監督「暴れすぎ」

三回、ヤクルト・山田哲人選手(手前)に死球を与えた阪神・藤浪晋太郎投手=20日、神宮球場 三回、ヤクルト・山田哲人選手(手前)に死球を与えた阪神・藤浪晋太郎投手=20日、神宮球場

 ボールを意のままにコントロールできない。阪神先発の藤浪は四回途中5四死球で降板。この回先頭の大引をストレートの四球で歩かせると、ベンチは早々と見切りをつけ、投手交代を告げた。

 三回、4失点と崩れたきっかけも、先頭打者だった投手の小川に対するストレートの四球だった。金本監督は「俺は分からん、原因が。きょうは暴れすぎ」と落胆した表情。今季最短の降板となった右腕は「(フォームの)バランスが悪かったり、(リリースの)タイミングが合わなかったり…」。マウンドで自分との戦いに終始した。

 振り返れば、今季は初登板のヤクルト戦で5回9四死球の大乱調で始まった。死球で乱闘騒ぎもあり、ボールを当ててはいけないという思いもあるのか、今季は右打者への抜け球が目立つ。

 「感覚的なところを修正できなかったというか、技術のなさです」と肩を落とした藤浪。チームは今季2度目の3連敗。前日登板した岩貞が2軍降格となり、悩める右腕が修正力をみせなければ、投手陣のやりくりが苦しくなっていく。

(丸山和郎)

「産経WEST」のランキング