産経WEST

巨大な武者人形に歓声 熊本復興願い加藤清正も 福井・坂井の三国祭

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


巨大な武者人形に歓声 熊本復興願い加藤清正も 福井・坂井の三国祭

「三国祭」で神社に集結した巨大な武者人形を載せた山車=20日午後、福井県坂井市 「三国祭」で神社に集結した巨大な武者人形を載せた山車=20日午後、福井県坂井市

 北陸三大祭りの一つとされる「三国祭」の最大の見せ場、武者人形の山車巡行が20日、福井県坂井市で行われた。引き手が息を合わせて勢いよく山車を旋回させると、多くの見物客から歓声が上がった。今年は熊本地震復興への思いを込め、初代肥後熊本藩主の加藤清正の武者人形も登場した。

 午後1時ごろ、戦国武将をかたどった巨大な武者人形を載せた高さ約6メートルの山車6基が三国神社に集合。笛や太鼓によるおはやしや、子どもたちの「エーイヤー」という声が響く中、次々と神社を出発、町中をゆっくりと練り歩いた。

 三国祭は、江戸時代から続く伝統行事。武者人形は毎年新しく作られる。

 金沢市から来た井村稔さん(78)は「5回ほど見に来ている。山車がダイナミックでかっこいい」と満足そうに話した。

このニュースの写真

  • 巨大な武者人形に歓声 熊本復興願い加藤清正も 福井・坂井の三国祭

「産経WEST」のランキング