産経WEST

【第2期電王戦】今回で幕、名人有終の美飾れず 「先人の知恵に感謝」「AIが示した可能性を追求」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【第2期電王戦】
今回で幕、名人有終の美飾れず 「先人の知恵に感謝」「AIが示した可能性を追求」

将棋の第2期電王戦の最終第2局で、PONANZAに敗れた佐藤天彦名人=20日午後、兵庫県姫路市の姫路城 将棋の第2期電王戦の最終第2局で、PONANZAに敗れた佐藤天彦名人=20日午後、兵庫県姫路市の姫路城

 将棋の佐藤天彦名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA(ポナンザ)」が戦う第2期電王戦二番勝負の第2局が20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、現役のタイトル保持者として初めて出場した佐藤名人が94手で敗れた。第1局に続いての連敗で、将棋界で最も権威のある名人でもソフトに1勝もできず、大会を終えた。

 平成24年に始まった電王戦は今回で最後。全対戦成績はソフトが14勝5敗1分けと大きく勝ち越し、人間とソフトとの戦いは「人間敗北」で決着する形となった。

 対局は持ち時間各5時間で、佐藤名人の先手番。序盤は互いにじっくり駒組みを進め、中盤以降はポナンザがじわじわと差を広げ、佐藤名人は挽回できなかった。

 終局後、佐藤名人は「自分では思いつかない手を指され、結果的に差が出てしまった。名人としてファンの期待や応援の声に応えられなかったのは残念です」。ポナンザ開発者の山本一成さんは「名人に勝つのは、私を含め開発者たちの願いだった。先人たちの知恵に感謝したい」と話した。

 ソフト側の圧勝で終わった電王戦だが、将棋界にとってはマイナスばかりではない。ソフト研究の成果を対局で取り入れる棋士が増えており、最年少棋士で18連勝中の藤井聡太四段(14)もその一人だ。将棋専門誌に寄せた自戦記で「三段のころからソフトを活用し、弱点に気づくことができたし、形勢判断でソフトの感覚を取り入れてだいぶ改善した」と明かしている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 今回で幕、名人有終の美飾れず 「先人の知恵に感謝」「AIが示した可能性を追求」
  • 今回で幕、名人有終の美飾れず 「先人の知恵に感謝」「AIが示した可能性を追求」
  • 今回で幕、名人有終の美飾れず 「先人の知恵に感謝」「AIが示した可能性を追求」
  • 今回で幕、名人有終の美飾れず 「先人の知恵に感謝」「AIが示した可能性を追求」

「産経WEST」のランキング