産経WEST

【広島強盗殺人】共犯で再逮捕の男は容疑否認 捜査本部が会見

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【広島強盗殺人】
共犯で再逮捕の男は容疑否認 捜査本部が会見

 広島市安佐北区の住宅でアルバイト作業員、笹井徹さん(67)が殺害され車が奪われた事件で、安佐北署捜査本部は20日、記者会見を開き、既に逮捕した被害者のおいの共犯として強盗殺人容疑で再逮捕した男は、住所不定、無職、藤本康弘容疑者(35)と明らかにした。容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、笹井さんのおいの無職、笹井政輝容疑者(36)と共謀し、笹井さん宅で9日、頭や胸を刃物で複数回刺して殺害し、車を奪ったとしている。車はその後、富山市内で見つかった。藤本容疑者は滋賀県警に別の窃盗事件で逮捕されていた。

 捜査本部によると、富山市内で見つかった車の中から、笹井さんの財布や携帯電話を押収。財布に現金は入っていなかった。政輝容疑者が笹井さんに何度も借金をしていたことなどから、金を奪おうとして殺害したとみて調べている。

 政輝容疑者は当初犯行を否認していたが、その後の調べで容疑を認める供述をしている。現場からは血の付いた包丁を押収した。

 また、笹井さんが4月中旬ごろ、現金や財布がなくなったという被害届を提出していたことも判明。同時期に笹井さん宅付近で容疑者2人が広島県警に職務質問されていた。

「産経WEST」のランキング