産経WEST

扉の故障で運転見合わせ、50分停車 阪神武庫川線

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


扉の故障で運転見合わせ、50分停車 阪神武庫川線

 20日午前8時35分ごろ、兵庫県西宮市東鳴尾町2丁目の阪神電鉄武庫川線洲先駅で、武庫川団地前発武庫川行き普通電車の扉が自動で開閉できなくなり、同駅で約50分停車した。駅係員が手動で扉を開け、乗客約60人を降ろした。

 阪神電鉄によると、上下計7本が運休し、約250人に影響した。

「産経WEST」のランキング