産経WEST

危機管理専門の市職員が酒気帯び疑いで逮捕 民家のブロック塀に激突 長崎

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


危機管理専門の市職員が酒気帯び疑いで逮捕 民家のブロック塀に激突 長崎

 長崎県警南島原署は20日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで長崎県南島原市、同市危機管理専門員の山崎智文容疑者(57)を現行犯逮捕した。南島原市によると、山崎容疑者は嘱託職員。

 逮捕容疑は20日午前6時半ごろ、南島原市有家町原尾の広域農道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 南島原署によると、山崎容疑者は広域農道付近の民家のブロック塀などに衝突する事故を起こした。署員が駆け付けると酒臭かったため、呼気を調べ、基準値を超えるアルコールを検出した。

 「酒を飲んで運転したのは間違いない」と供述しているという。

「産経WEST」のランキング