産経WEST

【コウノトリ誤射事故】残されたオス鳥、ひなに餌やり確認 ひな保護の可能性も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【コウノトリ誤射事故】
残されたオス鳥、ひなに餌やり確認 ひな保護の可能性も

巣に戻ってきたコウノトリの親鳥。ひなに餌を与えているとみられる=20日午後、島根県雲南市 巣に戻ってきたコウノトリの親鳥。ひなに餌を与えているとみられる=20日午後、島根県雲南市

 島根県雲南市教育委員会は20日、雌の親鳥が19日にハンターの誤射で死んだコウノトリ(国の特別天然記念物)の市内の巣周辺を観察し、残った雄がひな4羽に餌を与えている様子を確認した。市教委は今後、保護の必要があるかどうかを兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)と協議して判断する予定。

 同公園によると、ひなの体重は2~3キロ。誕生からおよそ2カ月後に巣立つ際の半分ほどの育ち具合という。担当者は「自然界では1羽だけで育てるのは難しいだろう」との見方を示した。

 つがいであれば片方の親鳥が餌を探して巣を離れる間にもう一方がひなを守れるが、1羽では餌探しの間に巣に残るひながトビやカラスに襲われる危険や、日差しを直接受けて脱水症状を起こす恐れがあるという。

「産経WEST」のランキング