産経WEST

ハンター誤射、コウノトリ死ぬ 4月にひなが誕生したばかり 害鳥のサギと間違われ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ハンター誤射、コウノトリ死ぬ 4月にひなが誕生したばかり 害鳥のサギと間違われ

 島根県雲南市教育委員会は19日、コウノトリ(国の特別天然記念物)の雌の親鳥がハンターの誤射で死んだと発表した。4月にひなが誕生したばかりだった。

 市教委などによると、害鳥の駆除活動をしていた地元猟友会のメンバーが、同日午前、サギと間違って撃ったという。

 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)によると、雌は5歳で、豊岡市で生まれた。つがいの雄は福井県越前市で放鳥されていた。今年3月には雲南市教委などが雲南市大東町の田園地帯にある電柱で巣や産卵を確認。4月に少なくとも1羽が誕生していた。

 野生のコウノトリが昭和46年に国内で姿を消して以来、野外での孵化(ふか)は豊岡市周辺などを除くと、徳島県鳴門市に続き2例目だった。

 コウノトリの郷公園の山岸哲園長は「非常に残念に思います。巣立つのを心待ちにしていた地域の皆さまの心中を察します。残されたひなが無事成長することを願ってやみません」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング