産経WEST

【山上直子の誘惑する京都】エヴァ新幹線、廃線が一転123万人…新緑のトロッコ列車でGO!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【山上直子の誘惑する京都】
エヴァ新幹線、廃線が一転123万人…新緑のトロッコ列車でGO!

新緑のトンネルを走る嵯峨野トロッコ列車=京都市 新緑のトンネルを走る嵯峨野トロッコ列車=京都市

 車両は鮮やかなグリーンのカエデやサクラの若葉の間を通り抜け、見下ろすはるか下には涼しげなしぶきを上げて保津川下りの船が通り過ぎる。一番眺めのいい場所ではなんと、列車が徐々に速度を落として、ストップ。景色を堪能し、写真撮影もバッチリ決まった。

 ◆始まりはわずか9人

 嵯峨野観光鉄道は、もともとJR山陰線の複線化で使われなくなった線路を観光利用しようと立ち上がったプロジェクトだった。

 平成2(1990)年の発足当初は社長以下、スタッフはわずか9人。廃線後、時間がたっていたため、さびたレールや腐った枕木の補修、路肩の草抜きといった地道な整備作業から始まった苦難物語は、知る人ぞ知るエピソードである。

▼【画像集】嵯峨野の地、エヴァ新幹線が激走!(こちらをクリック)

 実は当時、沿線の美化をめざして樹木を線路周辺に植えたのだが、二十数年を経て四季折々の美しい景観を作り出すことになった。平成3年に運行を開始。当初予想の23万人を超える初年度69万人の実績を上げ、嵐山の観光名所として定着した。

 「昨年は123万人にご乗車いただきました。当初は3年やってダメなら撤退しようと覚悟していたそうです」というのは、西田社長。順調に客数を伸ばし、平成25(2013)年度には年間100万人を突破、新車両の導入や駅舎の整備など、リピーターを増やす努力を続けている成果だろう。

鉄道ファン、アニメファンも歓喜! トロッコ嵯峨駅をエヴァ新幹線が激走!

このニュースの写真

  • エヴァ新幹線、廃線が一転123万人…新緑のトロッコ列車でGO!
  • エヴァ新幹線、廃線が一転123万人…新緑のトロッコ列車でGO!
  • エヴァ新幹線、廃線が一転123万人…新緑のトロッコ列車でGO!
  • エヴァ新幹線、廃線が一転123万人…新緑のトロッコ列車でGO!
  • エヴァ新幹線、廃線が一転123万人…新緑のトロッコ列車でGO!

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング