産経WEST

【依存~断てないギャンブル(6)】「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~断てないギャンブル(6)】
「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に

ギャンブルやアルコールの依存症の治療施設「ラリー・ゲインズ ケアセンター」=平成29年4月28日、奈良県大和高田市(前川純一郎撮影) ギャンブルやアルコールの依存症の治療施設「ラリー・ゲインズ ケアセンター」=平成29年4月28日、奈良県大和高田市(前川純一郎撮影)

 家に帰りたくなくて非行を繰り返した陽子。家族からの愛情に飢え、寂しさに耐えかねたからだが、最近になって、自らの行動で家族に面倒をかけることで、そうした“渇き”を埋めていたのだろうと気がついたという。ギャンブルにのめり込んだのも、この渇きが原因なのかもしれない。

パチンコの場面で速まる胸の鼓動

 施設に入って1年ほどが経過した。スロットに行きたいと思ったことは、幸いにしてまだない。だが、先日テレビの映画でパチンコ台が並ぶシーンを偶然目にし、胸の鼓動が速くなるのを感じた。「これ以上見ると、(パチンコ店に行きたいとする)欲求が出る。怖い」とチャンネルを変えた。

 「本当にギャンブルをやめられたと胸を張って言えるのは、死ぬときだと思います」。陽子の葛藤はまだ続いている。(敬称略)

次のニュース

依存のニュース

依存の写真

  • 【依存~ホストにはまる女たち(5)】風俗勤め巧みに誘導 ホスト依存の“手口” 店全体で仕掛け、使命感あおる
  • 【依存~ホストにはまる女たち(4)】仕組まれた「恋愛関係」 1カ月80万円…彼のため「毎日いかなきゃ」
  • 【依存~ホストにはまる女たち(3)】5年で6千万円つぎ込んでも「後悔ない」 小5で性的暴行・援交…悲惨な経験、希薄な人間関係埋めるホストの存在
  • 【依存~ホストにはまる女たち(2)】妹のようにかわいがってくれ、消えた不安 次第に狂った金銭感覚
  • 【依存~ホストにはまる女たち(1)】毎日DV受け、風俗店勤め強いられても離れられぬ「存在」 幼少期からの寂しさ埋めたホスト「そばにいるだけでいい」
  • 【依存~断てないギャンブル(7)】「依存は回復できる」 施設入所の7割は再発なく社会復帰 地域・医療機関の連携と情報共有
  • 【依存~断てないギャンブル(6)】「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に
  • 【依存~断てないギャンブル(5)】懲戒免職後に手元の千円握り締めパチンコ店へ 「頼れる先」をつくらなければ回復への道歩める
  • 【依存~断てないギャンブル(4)】ギャンブルが「自分の居場所に」 ウソ繰り返し借金漬け 離婚の父の“二の舞い”
  • 【依存~断てないギャンブル(3)】「あんた、死んだら」 母の言葉を契機に目覚める 「ギャンブル悪ではない」
  • 【依存~断てないギャンブル(2)】「一番箱積んでいる」スロットで劣等感埋める 医師警告「刑務所行くか自殺する」
  • 【依存~断てないギャンブル(1)】会社の金券横領、借金漬け…警察聴取後もパチンコ店へ 一線を越えた「やめられない」

「産経WEST」のランキング