産経WEST

【依存~断てないギャンブル(6)】「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~断てないギャンブル(6)】
「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に

ギャンブルやアルコールの依存症の治療施設「ラリー・ゲインズ ケアセンター」=平成29年4月28日、奈良県大和高田市(前川純一郎撮影) ギャンブルやアルコールの依存症の治療施設「ラリー・ゲインズ ケアセンター」=平成29年4月28日、奈良県大和高田市(前川純一郎撮影)

前のニュース

 近畿圏に住む田代陽子(36)=仮名=が、スロットにはまったのは、17歳のときだった。高校を中退した陽子はキャバクラに勤め、月収は100万円に達することもあった。この頃はまだスロットは遊びの範囲で済んだ。だが、すぐに歯車は狂う。契機は、パチンコ店で知り合った男性だった。

「体が弱い」「仕事が見つからない」

 陽子が知り合った男性は、ヤミ金の取り立て屋で羽振りがよく、スロットの「軍資金」はすべて出してくれた。仕事もやめ、開店から閉店まで2人でパチンコ店に入り浸る日々…。1日に10万円負けても自分の懐は痛まず、金銭感覚は完全に狂った。

 数年後に男性と別れると真面目に働くことは、もうできなくなっていた。

 休みが自由に取れる派遣コンパニオンのアルバイトで食いつなぎ、手元にお金が入ると、スロットにつぎ込んだ。

 「3万円あれば、増やせるという保証のない自信があった。ただ、現実は甘くはなく、あっという間にお金は消えた」

 月6万6千円の家賃が払えず、2カ月の滞納は当たり前。どうしても首が回らなくなると、援助交際で知り合った、男性らに泣きついた。《体が弱い》《仕事が見つからない》。ありとあらゆる嘘を並べ、まとまった現金を用意させた。

続きを読む

依存のニュース

依存の写真

  • 【依存~溺れるネット世界(5)】「サドンアタック」達人 現実世界は「ズタズタ」 バイト続かずギャンブルに盗み
  • 【依存~溺れるネット世界(4)】毎日10時間プレイ 「サドンアタック」での称賛に喜び 親への“報復”で殻に閉じこもり、高専や大学中退
  • 【依存~溺れるネット世界(3)】ゲーム内の女性ルナディアナ溺愛 MMORPG「マビノギ」で出会った 実際は「おじさんだったとしてもよかった」
  • 【依存~溺れるネット世界(2)】覚醒剤打ち一睡もせずネット株取引 「心の穴」埋めてくれる
  • 【依存~溺れるネット世界(1)】スマホゲーム「無間地獄」 FGOにはまり際限なく高額利用
  • 【依存~ホストにはまる女たち(5)】風俗勤め巧みに誘導 ホスト依存の“手口” 店全体で仕掛け、使命感あおる
  • 【依存~ホストにはまる女たち(4)】仕組まれた「恋愛関係」 1カ月80万円…彼のため「毎日いかなきゃ」
  • 【依存~ホストにはまる女たち(3)】5年で6千万円つぎ込んでも「後悔ない」 小5で性的暴行・援交…悲惨な経験、希薄な人間関係埋めるホストの存在
  • 【依存~ホストにはまる女たち(2)】妹のようにかわいがってくれ、消えた不安 次第に狂った金銭感覚
  • 【依存~ホストにはまる女たち(1)】毎日DV受け、風俗店勤め強いられても離れられぬ「存在」 幼少期からの寂しさ埋めたホスト「そばにいるだけでいい」
  • 【依存~断てないギャンブル(7)】「依存は回復できる」 施設入所の7割は再発なく社会復帰 地域・医療機関の連携と情報共有
  • 【依存~断てないギャンブル(6)】「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に

「産経WEST」のランキング