産経WEST

【iPS】マイクロRNAで細胞の種類を見分け、ゲノム編集できる技術開発 京大CiRA

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【iPS】
マイクロRNAで細胞の種類を見分け、ゲノム編集できる技術開発 京大CiRA

 さまざまな細胞が固有に持つという微少物質「マイクロRNA」の特性を生かし、細胞に対するゲノム(全遺伝情報)の編集を行える手法を人工多能性幹細胞(iPS細胞)の実験で開発したと、京都大iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)の斉藤博英教授(生命工学)の研究チームが19日付の英科学誌電子版で発表した。

 斉藤教授は、こうした手法を通じ、将来的に「ゲノム編集でがん細胞を除去したり、筋ジストロフィーなどを直したりする新たな治療法に応用できる可能性がある」としている。

 チームによると、「マイクロRNA」は細胞によって種類が違うため、これを目印に細胞を選別し、特定の細胞に対するゲノムを編集、制御できる技術を開発した。

 具体的には、ゲノム編集技術の「クリスパー・キャス9(クリスパー法)」を用い、特定のマイクロRNAが活性化していないとゲノム編集を引き起こす酵素が作られ、編集が起きる「オン型」と、同じマイクロRNAが活性化していると編集が起きなくなる「オフ型」の2種類の技術を開発した。

 実際にiPS細胞と別の種類の細胞が混在した状態で、iPS細胞だけをゲノム編集したり、しなかったりする状況を確認した。

 こうした手法は、正常な細胞に不用意なゲノム編集を行うリスク(危険性)も低減できるとしている。

「産経WEST」のランキング