産経WEST

サザエ、日本産と中国産とで学名が混同 岡山大准教授が新たに命名

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


サザエ、日本産と中国産とで学名が混同 岡山大准教授が新たに命名

 日本産サザエの学名が、中国産のものと混同されていることが分かり、岡山大大学院環境生命科学研究科の福田宏准教授が19日、サザエの学名を「Turbo sazae(トゥルボ・サザエ)」と命名したと発表した。日本と豪州の学会が共同発行する軟体動物学雑誌(電子版)に掲載された。

 発表によると、サザエの学名をめぐっては、18世紀後半に英国の学者が、中国産サザエの学名を、ラテン語で「巻く」「角がある」を意味する「Turbo cornutus(トゥルボ・コーニュトゥス)」と命名。しかし、19世紀に入って、別の英国の学者が日本産も同じ学名で呼んだことから、世界中の学者が影響されてきたという。

 これらの経緯は文献調査で判明したといい、福田准教授は「こんなことがあるのかと驚いた」と指摘。「万国共通の学名に採用されたので、『サザエ』という日本語が国際語になる」と話した。

「産経WEST」のランキング