産経WEST

【動画】元祖薪能の舞 奈良・興福寺

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
元祖薪能の舞 奈良・興福寺

幽玄なかがり火のもと行われた「薪御能」。金剛流能「阿漕」 =19日午後、奈良県奈良市の興福寺(志儀駒貴撮影) 幽玄なかがり火のもと行われた「薪御能」。金剛流能「阿漕」 =19日午後、奈良県奈良市の興福寺(志儀駒貴撮影)

 「薪能(たきぎのう)」の元祖として知られ、奈良発祥の能楽4流(観世、金春、宝生、金剛)が競演する「薪御能」が19日、奈良市の興福寺南大門跡などで始まり、観客はかがり火のもとでの情趣ある舞に酔いしれた。

 薪御能は平安時代に興福寺西金堂で営まれた「修二会(しゅにえ)」に源流があるとされ、儀式が芸能化。奈良県内で生まれた4流が演じ、古都の名物行事となった。

 この日は源氏物語の女性を描く能「玉葛(たまかずら)」(金春流)と、密漁した漁師の亡霊が現れる能「阿漕(あこぎ)」(金剛流)が上演され、観客らは円熟の芸に見入った。20日も開催される。

「産経WEST」のランキング