産経WEST

現金7千万円奪おうと男性2人暴行 大阪・ミナミ、25歳男を起訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


現金7千万円奪おうと男性2人暴行 大阪・ミナミ、25歳男を起訴

 大阪・ミナミの貴金属買い取り店近くの路上で4月、複数の男らが男性2人から多額の現金を奪おうとした事件で、狙われた現金が7千万円だったことが19日、分かった。大阪地検は同日、強盗致傷罪で愛媛県新居浜市南小松原町の建設業、阿部剛容疑者(25)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 阿部被告は現場で2人ともみ合いとなり、大阪府警に逮捕されていた。現金は無事だった。仲間の男ら数人が逃げており、府警が行方を追っている。

 起訴状などによると、阿部被告は4月28日午後1時10分ごろ、大阪市中央区南船場の路上で、紙袋に入った現金7千万円を運んでいたいずれも自営業の42歳と34歳の男性2人の顔を複数回殴るなどし、現金を奪おうとしたとされる。

 42歳の男性は肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷。もう一人は顔の打撲などで軽傷だった。

「産経WEST」のランキング