産経WEST

町長に750万円賠償請求へ、町税滞納者の財産差し押さえず 奈良・大淀町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


町長に750万円賠償請求へ、町税滞納者の財産差し押さえず 奈良・大淀町

 奈良県大淀町が町税滞納者の財産を差し押さえなかったため、町が損害を被ったとして同町監査委が岡下守正町長(72)ら町幹部8人に約1102万円の損害を賠償するよう勧告した住民監査請求結果を受け、同町は18日、岡下町長にのみ749万430円の賠償を請求すると発表した。岡下町長は「すみやかに支払う」としている。

 町は監査委が町長らの過失による損害と認定した15件1102万5730円のうち、6件90万100円は「差し押さえなかった正当な理由がある」などとして請求額から除外。また、価値がないと判断して差し押さえなかった土地1件(評価額263万5200円)については今後売却を進め、売却額を改めて請求するとした。町は関係職員の処分は「未定」としている。

 監査では、同町は平成23~27年度、町税滞納者に送るべき督促状が計730件未発送で、うち15件1102万5730円分は正当な理由なく滞納者の財産を差し押さえていなかったと判断。税務関係職員に重大な過失があったため町が損害を被ったとして、岡下町長ら町幹部8人に賠償を勧告していた。

「産経WEST」のランキング