産経WEST

ユニー、食品など266品目値下げ 平均7%、6月から…価格競争激化へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ユニー、食品など266品目値下げ 平均7%、6月から…価格競争激化へ

 流通大手ユニー(愛知県稲沢市)は19日、加工食品や調味料など266品目を平均約7%値下げすると発表した。スーパーの「アピタ」「ピアゴ」全店で6月1日から実施する。

 266品目の値下げ率は3・2~21・0%。しょうゆやドレッシングといった調味料、レトルト食品、ペットボトル飲料などは、従来と比べ10~20円安くなるという。

 作業の効率化などで経費を削減し、値下げに踏み切った。担当者は「消費者の節約志向を考慮した。来店客数や1人当たりの購入点数を増やしたい」と話している。

 ユニーと経営統合したコンビニ大手ファミリーマートは今月、日用品の価格を5%前後引き下げた。コンビニのセブン-イレブン・ジャパンやローソンのほか、流通大手イオンも値下げしており、業界で価格競争が激化してきた。

「産経WEST」のランキング