産経WEST

世界遺産級の銀鉱石標本発見 石見銀山の江戸期産出品 世界一だった往時の姿ベール脱ぐ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界遺産級の銀鉱石標本発見 石見銀山の江戸期産出品 世界一だった往時の姿ベール脱ぐ

石見銀山資料館で確認された銀のひげ状結晶の標本(黒い針金状の部分)包み紙には福石と記載されていた(益富地学会館提供) 石見銀山資料館で確認された銀のひげ状結晶の標本(黒い針金状の部分)包み紙には福石と記載されていた(益富地学会館提供)

 国立科学博物館・松原聰名誉館員の話「採取年月日や細かい産出場所などが分かる古い標本は、技術史的・文化的にも極めて価値が高い。今回の発見は世界遺産の一部として扱う価値のあるものだ」

▼【関連ニュース】石見銀山「標本」説明用か技能伝承用か 謎の江戸期の経営実態、判明へ

▼【関連ニュース】超なめらか性能、老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン技術 日本版ツール・ド・フランス

このニュースの写真

  • 世界遺産級の銀鉱石標本発見 石見銀山の江戸期産出品 世界一だった往時の姿ベール脱ぐ

「産経WEST」のランキング