産経WEST

【経済裏読み】勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス

白熱したレースが繰り広げられた昨年の「ツアー・オブ・ジャパン」東京ステージのゴールシーン =2016年6月5日、東京・大井埠頭(撮影・産経デジタル 澤野健太) 白熱したレースが繰り広げられた昨年の「ツアー・オブ・ジャパン」東京ステージのゴールシーン =2016年6月5日、東京・大井埠頭(撮影・産経デジタル 澤野健太)

 自転車に用いるベアリングも、さまざまなメーカーに供給してきた。ただ、会社が大きいが故に、市場が小さな自転車関連部品は主力製品とまではいえない。

 しかし100周年記念事業に向けた準備の中で、同社の部品を使った自転車パーツが「サイクリストの間ですごい人気を呼んでいることを知った」(井口さん)という。

航空・宇宙技術を自転車に

 NTNの事業領域には航空・宇宙産業向けもある。超高速・超高負荷で回転するジェットエンジンの軸受けなどを手がけ、精度をミクロン単位まで突き詰めた製品を生産・供給している。

 そんなNTN製の高規格ベアリングからジェットエンジン部品や超精密機械部品を製造している近藤機械製作所(愛知県蟹江町)が、高い技術力を生かして5年前、自転車競技用ホイールのブランド「GOKISO(ゴキソ)」を立ち上げた。

 ゴキソのホイールはNTN製の特注ベアリングの性能を生かすため、精度や強度を徹底的に高めて回転抵抗を低減し、驚異的ななめらかさを実現した。その性能は「回り始めるといつまでも回っている」と、またたく間にサイクリストの間で評判になった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス
  • 勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング