産経WEST

【経済裏読み】勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス

白熱したレースが繰り広げられた昨年の「ツアー・オブ・ジャパン」東京ステージのゴールシーン =2016年6月5日、東京・大井埠頭(撮影・産経デジタル 澤野健太) 白熱したレースが繰り広げられた昨年の「ツアー・オブ・ジャパン」東京ステージのゴールシーン =2016年6月5日、東京・大井埠頭(撮影・産経デジタル 澤野健太)

 「ツール・ド・フランス」に代表される自転車ロードレースは、本場ヨーロッパでは高い人気を誇るが、日本での認知度はまだまだ低い。そんな中、創業100年を迎える老舗の機械部品メーカー、NTN(大阪市)が今年、国内ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」の冠スポンサーに就いた。消費者向け製品を手がけていない同社が、なぜマイナーな自転車競技の支援に乗り出すのか? その陰には、航空・宇宙産業にも活用されるNTNの超高性能部品の存在があった。(上野嘉之)

ベアリングの世界的大手

 「来年、100年を迎えるにあたり、どんな社会貢献ができるか考えていた」

 そう語るのは、NTNの創業100周年事業推進プロジェクトリーダー、井口耕平さん。同社は自転車レースとは無縁だったが、昨夏に社外から協賛の提案があったという。社内で議論した結果、自転車はエコの象徴であり、NTNが目指す究極のエコ技術や環境保護にも通じる-として前向きに検討を進めていった。

 NTNは、回転軸の軸受(ベアリング)を主力商品とする精密機器メーカーだ。自動車のハブベアリングのシェアは世界1位、ドライブシャフトは世界2位という大手で、連結売上高は6833億円(平成29年3月期)。その製品は自動車、鉄道をはじめ世界中のあらゆる機械に採用されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス
  • 勝利を呼ぶ超なめらか性能 老舗部品メーカーを自転車レースに導いたミクロン単位の技術 目指せ日本版ツール・ド・フランス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング