産経WEST

【依存~断てないギャンブル(5)】懲戒免職後に手元の千円握り締めパチンコ店へ 「頼れる先」をつくらなければ回復への道歩める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~断てないギャンブル(5)】
懲戒免職後に手元の千円握り締めパチンコ店へ 「頼れる先」をつくらなければ回復への道歩める

ギャンブル依存症を克服し、いまは依存症回復支援に取り組む木村勇也 さん(中央)=平成29年4月28日(前川純一郎撮影) ギャンブル依存症を克服し、いまは依存症回復支援に取り組む木村勇也 さん(中央)=平成29年4月28日(前川純一郎撮影)

 「(当時は)悪いのは借金をつくったからで、ギャンブルをする自分だとは考えられなかった」

負の連鎖から抜け出す

 依存症になり、入所して支援プログラムを受け、いまは依存症患者を支援する側にいる。だから、人がギャンブル依存という負のスパイラルに陥る心情がよくみえる。木村は言う。

 「ギャンブルが悪なのではない。熱中することも、投じる金額の多い少ないも問題ではない。むしろ、日常の生活の中で問題を抱え、苦しむ人が頼れる先がないことが異常なのだ。だから依存症がうまれる。そのことが分かれば負の連鎖から抜け出せるんです」(敬称略)

次のニュース

依存のニュース

このニュースの写真

  • 【依存~断てないギャンブル(1)】会社の金券横領、借金漬け…警察聴取後もパチンコ店へ 一線を越えた「やめられない」
  • 【依存~断てないギャンブル(1)】会社の金券横領、借金漬け…警察聴取後もパチンコ店へ 一線を越えた「やめられない」

「産経WEST」のランキング