産経WEST

【エンタメよもやま話】乗客を引きずり降ろし、当然…エコノミー席また窮屈に“改悪”米航空の驚きの理由

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
乗客を引きずり降ろし、当然…エコノミー席また窮屈に“改悪”米航空の驚きの理由

米アメリカン航空のエコノミークラスの座席での“改悪”計画を伝える米CNN(電子版5月3付) 米アメリカン航空のエコノミークラスの座席での“改悪”計画を伝える米CNN(電子版5月3付)

 <保守・共和党のロナルド・レーガン大統領(1981年~89年)と彼の後継者たちは独占禁止法の施行を怠り、リベラルな民主党のジミー・カーター政権(1977年~81年)が推し進めた規制緩和は結局、公的独占権を私的独占権に変えた…そのため、米航空業界の支配権は公衆に訴える専門家から企業の役員室とウォール街に変わった>

 なるほど。しかし、いつまでもこんなデタラメにみんなが黙っているはずがありません。

 5月2日付の米経済系ニュースサイト、ビジネス・インサイダーなどが伝えていますが、米下院の運輸・インフラ委員会が異例の聴聞会を開き、ユナイテッド航空のオスカー・ムノーズCEO(最高経営責任者)ら米の大手航空会社5社の幹部に対し、今回のユナイテッド航空の引きずり降ろしの一件やアメリカン航空のエコノミークラスの“改悪”などを受け「搭乗客の扱いや、飛行時の乗り心地を改善するための大きな変更を行わないなら、(業界に対し)さらなる規制を実施することになる」(マイケル・E・カパーノ議員、リベラルな民主党、マサチューセッツ州選出)と警告したのです。

 究極まで合理化を追求する米企業らしいお話ですが、人間はモノとちゃいますからね。エコノミーの乗客をないがしろにし過ぎだと思います。   (岡田敏一)

    ◇

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

    ◇

 ■毎週、日本を含む世界のエンタメの面白情報などをご紹介します。ご意見、ご要望、応援、苦情は toshikazu.okada@sankei.co.jp までどうぞ。

「産経WEST」のランキング