産経WEST

【プロ野球】ミスと拙攻で自滅のオリックス、6カード連続負け越しで借金2

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
ミスと拙攻で自滅のオリックス、6カード連続負け越しで借金2

【プロ野球オリックス対ソフトバンク】5回、ソフトバンク・柳田悠岐の打ち上げた打球をオリックスの遊撃手・縞田拓弥(下)が落球し、左前適時2塁打となった。奥は左翼手・T-岡田=ほっともっとフィールド神戸(撮影・林俊志) 【プロ野球オリックス対ソフトバンク】5回、ソフトバンク・柳田悠岐の打ち上げた打球をオリックスの遊撃手・縞田拓弥(下)が落球し、左前適時2塁打となった。奥は左翼手・T-岡田=ほっともっとフィールド神戸(撮影・林俊志)

 打線は好機をたびたびフイにし、守っては失点に直結する致命的な“ミス”が出た。オリックスが逆転負けを喫し、6カード連続の負け越し。福良監督は「ずっと続いているように、ここというときにあと一本が…」と拙攻を嘆いた。

 一回にT-岡田が先制打を放ち、同点の四回には大城が勝ち越し打。一気にたたみかけたかったが、追加点をもたらす一打が出なかった。六回を含め、3度の1死一、三塁で後続があっけなく凡退。一方で五回の守りでは、遊撃手の縞田が高く舞い上がった飛球の目測を誤り、二塁打にしてしまう。これで一塁走者が同点のホームを踏んだのだから、始末が悪い。

 七回以降に計5失点とリリーフ陣も崩れ、終わってみれば完敗。「(好機で)一本出たら、いく雰囲気はある。でも、そこが一番難しい」。指揮官の悩みは深い。(細井伸彦)

「産経WEST」のランキング