産経WEST

大阪市営地下鉄、民営化に向け「市高速電気軌道」 6月設立へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪市営地下鉄、民営化に向け「市高速電気軌道」 6月設立へ

 記者会見する吉村洋文大阪市長=18日午後、大阪市役所  記者会見する吉村洋文大阪市長=18日午後、大阪市役所

 大阪市は18日、平成30年4月1日の市営地下鉄民営化に向け、新会社「大阪市高速電気軌道」を今年6月1日に設立すると発表した。準備会社として位置付け、事業免許の移行や職員転籍など公営から民営への転換業務を進める。愛称とロゴを事業者向けに公募し、地下鉄新会社としての始動に合わせて公表する。

 役員と社員計5人は大阪市交通局の職員が務め、所在地は同市西区の交通局本局庁舎に置く。民営化時に社長を務める人材に関し、吉村洋文市長は記者会見で「関西の私鉄でナンバーワンになる。それを率いるリーダーにふさわしい人を選びたい」と述べた。その上で「『西の雄』となるような地下鉄会社に成長してほしい」と語った。

 また大阪市全域の総合的な交通政策を推進するため、市長直轄の「都市交通局」を今年7月1日に設置すると明らかにした。職員は約20人で、都市計画に詳しい職員を配置する方針だ。

「産経WEST」のランキング