産経WEST

【サッカー】G大阪が「太陽の塔」ユニフォームを着用 「岡本太郎の情熱で勝利する」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカー】
G大阪が「太陽の塔」ユニフォームを着用 「岡本太郎の情熱で勝利する」

G大阪の「GAMBA EXPO」当日選手着用ユニホーム G大阪の「GAMBA EXPO」当日選手着用ユニホーム

 大阪が誇る芸術の傑作を身にまとい、勝利を-。G大阪は18日、市立吹田スタジアムで8月13日に行われる磐田戦で着用する特別仕様のユニホームを発表した。

 試合当日はスタジアム近隣の万博記念公園にそびえる日本最大級65メートルの現代アート作品「太陽の塔」とのコラボレーションを中心としたイベント「GAMBA EXPO」を開催。それに合わせ、選手は「太陽の塔」上部の「黄金の顔」や背面部の「黒い太陽」が描かれた斬新なデザインのユニホームを着て戦う。

 太陽の塔は、昭和45年の大阪万博開催に際して芸術家の岡本太郎(明治44年-平成8年)が制作。外観では万物が生成するエネルギーが表現された、力強さに満ちた作品だ。

 G大阪の山内社長は「岡本太郎が世間を驚嘆させる芸術活動に情熱を持って挑戦し続けたように、ガンバ大阪もその情熱を試合で表現し、勝利を目指す」と話している。

「産経WEST」のランキング