産経WEST

名神で多重事故、トラックに突っ込まれた軽乗用車の高齢男女が死亡 工事渋滞で停車中

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名神で多重事故、トラックに突っ込まれた軽乗用車の高齢男女が死亡 工事渋滞で停車中

名神高速道路上り線の玉突き事故で、大破した軽乗用車(右)=18日午後5時9分、愛知県一宮市 名神高速道路上り線の玉突き事故で、大破した軽乗用車(右)=18日午後5時9分、愛知県一宮市

 18日午後2時15分ごろ、愛知県一宮市の名神高速道路上り線で、トラックや軽乗用車など計5台が絡む玉突き事故があった。90代ぐらいの男性と80代とみられる女性が死亡し、4人がけがをした。

 県警高速隊によると、トラックが渋滞で停止していた軽乗用車に追突。弾みで軽乗用車が押し出され、別のトラックと乗用車2台も次々と追突した。軽乗用車には死亡した男女と60代ぐらいの男性が乗っていた。

 高速隊は同日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、同県春日井市の男性会社員(45)を現行犯逮捕したが、重傷で入院したため、回復を待って調べる方針。

 現場は片側2車線の見通しの良い直線。工事のため約700メートル先で追い越し車線が規制中で、渋滞が発生していた。事故の影響で上り線の岐阜羽島インターチェンジ-一宮ジャンクションが一時、通行止めとなった。高速隊が詳しい事故原因を調べている。

このニュースの写真

  • 名神で多重事故、トラックに突っ込まれた軽乗用車の高齢男女が死亡 工事渋滞で停車中

「産経WEST」のランキング