産経WEST

パナ、ごみ捨て減らせる掃除機を発売 スティック型の市場好調

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パナ、ごみ捨て減らせる掃除機を発売 スティック型の市場好調

 パナソニックが発表した、スティックタイプのコードレス掃除機「iT(イット)」の最新モデル2機種。右が紙パック式=18日、大阪市  パナソニックが発表した、スティックタイプのコードレス掃除機「iT(イット)」の最新モデル2機種。右が紙パック式=18日、大阪市

 パナソニックは18日、片手で操作しやすいスティックタイプのコードレス掃除機「iT(イット)」の最新モデル2機種を6月25日に発売すると発表した。1機種はごみを多く集積できる紙パック式を初めて採用し、ごみ捨てを月1回程度まで減らすことができるという。

 発売するのは紙パック式の「MC-PBU510J」と、サイクロン式の「MC-SBU510J」でいずれも市場想定価格は7万5千円前後。ともに赤外線でダニの死骸や花粉など細かいごみも感知できる「ハウスダスト発見センサー」を搭載する。

 紙パック式は、パックの中でごみを効率的に圧縮することで、サイクロン式の約4倍のごみを集めることができる。

 スティック型掃除機は使い勝手の良さが受け、売り上げを伸ばしており、調査会社GfKジャパンによると、平成28年の国内の市場規模は台数ベースで前年比19%増となった。

 シャープも昨年12月にサイクロン式の「RACTIVE Air」を発売。1・5キロという軽さが特長で、エアコンや冷蔵庫の上などを自在に掃除できると好評だ。

「産経WEST」のランキング