産経WEST

「あの発言は勇み足では」橋下徹氏が松井一郎氏に“苦言” 住民投票参加発言で釈明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「あの発言は勇み足では」橋下徹氏が松井一郎氏に“苦言” 住民投票参加発言で釈明

橋下前大阪市長 橋下前大阪市長

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は18日、来年秋の実施を目指す「大阪都構想」の住民投票の運動に、橋下徹前大阪市長が参加するとした17日の自身の発言について「勇み足だった」と釈明。現時点では橋下氏の参加は「非常に難しい」との見方を示した。17日の発言後、橋下氏から「勇み足では」と指摘されたという。

 松井氏は17日、府庁で記者団に「(都構想の)住民投票は選挙ではなく、まさに市民運動。市民運動の中にぜひ入ってもらいたい」と強調。すでに橋下氏に参加を依頼し、了承されたと説明していた。

 しかし、18日に府庁で記者団の取材に応じ、「了解を得た時期は一昨年の(府知事、大阪市長の)ダブル選の時期だった。最近、彼に同意していただいたという事実はない。これは僕の勇み足だし、申し訳ない」と謝罪した。

 松井氏によると、橋下氏から「あの発言はちょっと勇み足じゃないんですか」と指摘されたという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング