産経WEST

福岡県警職員、拾得物93点着服の疑い 保管期限切れ、懲戒免職処分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


福岡県警職員、拾得物93点着服の疑い 保管期限切れ、懲戒免職処分

 福岡県警は18日、拾得物として届けられ、所有者が現れず保管期限の過ぎた商品券など計93点(約21万円相当)を着服したとして、業務上横領などの疑いで中央署の男性職員(36)を書類送検し、懲戒免職処分とした。

 県警によると、職員は2013年3月から約3年半、拾得物の受け付けや管理を担当する会計課に所属。「着服してもばれないと思った。気持ちが抑えられなかった」と容疑を認めているという。

 職員は所有者が現れなかったり、拾い主が権利を放棄したりした拾得物を鍵のかかった署内の倉庫やキャビネットから持ち出すなどしたとしている。被害品には時計やバッグなどもあった。

 ほかに受理した拾得物のうち128件について所有者が分かる情報を把握したのに処理を怠り、連絡したように装った虚偽文書の提出を繰り返していた。

 上司が昨年8月、一連の不正に気付いて発覚した。

 拾得物は届け出翌日の3カ月後までに所有者が現れないと拾い主のものになる。拾い主が権利を放棄するか、2カ月間受け取らなければ県などに権利が移る。

「産経WEST」のランキング