産経WEST

「住吉市民」跡地に誘致の民間病院が撤退へ、大阪市3度目頓挫

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「住吉市民」跡地に誘致の民間病院が撤退へ、大阪市3度目頓挫

平成30年3月末で閉院する住吉市民病院 平成30年3月末で閉院する住吉市民病院

 三宝会は南港病院の109床と市民病院から引き継ぐ100床を合わせた209床の新病院を新築し、30年4月に開業する計画を市に提出した。ところが、建築基準法の日影規制により計画通り建てられないことが判明。計画変更に伴い、開業が2年遅れる見通しになった。

 市は三宝会が閉鎖後の市民病院の施設を使って30年4月から暫定的に開院し、2年間に生じる赤字11億円超を補助金と貸付金で穴埋めする支援策をまとめたが、3月の議会で関連予算が否決されていた。

「産経WEST」のランキング