産経WEST

アサリ出荷自粛を解除、貝毒検出されず 愛知県

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


アサリ出荷自粛を解除、貝毒検出されず 愛知県

 愛知県は17日、同県西尾市と蒲郡市沖の幡豆海域のアサリから貝毒が検出されたために周辺4漁協などに出していた出荷と潮干狩り自粛要請を解除した。

 16日に実施した検査で県内の全ての海域から貝毒が検出されなかったことなどから、県は専門家の意見を踏まえ安全と判断した。

 幡豆海域では、国の規制値を上回る貝毒が検出されたとして、県が先月25日、漁協側に出荷などの自粛を求めていた。

 同県のアサリの漁獲量は全国1位で、平成27(2015)年のシェアは60%。

「産経WEST」のランキング