産経WEST

老人ホームの布団に火つけた元職員再逮捕 徳島県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


老人ホームの布団に火つけた元職員再逮捕 徳島県警

 徳島県警は17日、勤務する同県三好市の老人ホームの布団に火を付けたとして、現住建造物等放火未遂の疑いで、市の元臨時職員、土井晃子容疑者(46)を再逮捕した。容疑を認めているという。

 再逮捕容疑は1月18日午後、自身が勤務していた「三好市養護老人ホーム敬寿荘」1階個室の布団などに火を付け、焼損させようとしたとしている。スプリンクラーが作動するなどして火は消し止められた。

 敬寿荘では昨年6月以降、再逮捕容疑を含め、布団や洗濯物が燃える火事が4件発生。土井容疑者は、このうち2月に敬寿荘の1階霊安室に置かれた衣類に火を付けた疑いで県警に同月逮捕され、現住建造物等放火未遂の罪で起訴されていた。ほか2件への関与も認める供述をしているという。

 市は2月23日付で土井容疑者を分限免職処分にした。

「産経WEST」のランキング