産経WEST

「無人で狙いやすかった」 太陽光発電所の送電線窃盗、9千万円被害

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「無人で狙いやすかった」 太陽光発電所の送電線窃盗、9千万円被害

 太陽光発電所の銅製の送電線を繰り返し盗んでいたとして、兵庫県加古川市の男が17日までに窃盗容疑で逮捕、起訴されたことが17日、県警への取材で分かった。男は太陽光発電所の建設工事に携わった経験があり「無人で狙いやすかった」と供述しているという。県警は平成27年3月~29年2月の間、県内で約50件、約9千万円相当の被害を裏付けたとしている。

 県警によると、男は加古川市野口町古大内の電気工事業、加地洋一被告(38)。昨年12月8日、同県小野市の発電所で、太陽光パネルに設置された送電線約410キロ(約25万円相当)を工具で切断するなどし、盗んだとして今年2月に逮捕。計3件の窃盗罪で起訴された。「収入が少なくなったため盗みを始めた」と話している。

「産経WEST」のランキング